アジブリ マッサージ関連専門サイト

 

《アジブリスタッフ用サイト》

 

新人さんの為のテキストの流れを確認できる動画サイト、マッサージチームからの講習案内、接客で体験する身体やマッサージに関しての様々な悩みや疑問に答えるQ&Aなど現場で役立つ情報を発信していく予定です。

 

Q&A では今までにあったいろんな質問に答えていきます。一度、目を通して現場での接客に役立ててみて下さい。また、その他に疑問にも答えていきますので質問コーナーより問い合わせてください。

 

 

PTMスクール開催

日本タイマッサージ協会の大槻先生監修によるタイ古式マッサージ30時間のスクールが開催できるようになりました。あの大槻先生が認定しているトレーナーはまだ日本でも二人しかいません。その第一号、支部として認められているのがアジアンブリーズの小笠原さんです。11月末から第一回目社内スクールが開催されて4名のスタッフが受けられました。来年からも定期的に開催したいと考えています。



CCAチェンマイスクールinアジアンブリーズ

2013年度より開催されているCCA認定証発行の社内スクール開催です。

チェンマイ政府公認CCA本校からの認定証が発行されます。第四回は10月14日・21日・28日にて開催予定です。


ポロフェッショナルタイマッサージスクールinアジアンブリーズ

大槻先生がリラクゼーションから症状軽減の効果的な流れでまとめたタイ古式マッサージのコースが2014年度より始まっています。アジアンブリーズでは小笠原さんを講師としてスクールの開催を始めています。追加手技やストレッチのバリエーションを増やしていくばかりではなく筋肉や骨の構造、どこにどう効いてくか知識の裏付けを深め自信を持って施術に臨めるようになります。日本タイマッサージ協会の認定証が発行されます。

原点に立ち返る

2007年に大槻一博先生たちとご一緒させて頂きチェンマイIDIマッサージスクールにてトークセンを習った時の写真が出てきました。日本ではまだ知られていない木槌を使ってセンを刺激していくこの施術は意外なほど心地よく深層部に届きます。中央はコンペット先生、大槻先生が出会った数人のトークセンの継承者のお一人でヤムカーン(焼いた鉄板に足をのせハーブ汁をその足で受者に圧しあてていく施術、実際に熱い!)なども行う方です。     

アジアンブリーズスタッフ:小笠原・小山内・香月

 

コンペット先生と。トークセンは軽くビリビリひびく感じだったり深層部にジーンと届く感じだったり棒の押し当て具合で利かせ方が変わり使いこなせれば慢性のコリや強圧希望の方など満足させることのできる素晴らしいものでした!大人数のアジブリではメニュー化は難しいと思いますが毎年、大槻先生のイベントではトークセンの施術で参加させていただき素晴らしさを体験して頂いています。

 

 

ママレックと。

弾く、痛い!、そして終わると楽になる!!やはりジャップセンの第一人者はレックチャイヤーではないでしょうか。日本人のリラクゼーション感覚の領域をこえた刺激、名前の通り“ナーブタッチ(神経に触れる?)” というくらいにビンビンきます。(実際には筋肉や腱を弾く)

※本サイト内の情報は全てアジアンブリーズに在籍中のスタッフのためのものです。在籍者以外との閲覧や外部への公開を一切禁止します。